かずぶろ kazugoro blog

かずごろうと申します。 新潟県在住。3児の父。長い期間、体調を崩し動けなくなった体験から健康への発信を主にしています。 凡な人間、凡な毎日。でも、これってけっこう幸せだよね。

【健康】血中の中性脂肪値を下げて記憶力維持にも役立つアレの話

かずごろう(@56_gorogoro)です。

中年と言われる年齢になり、お腹まわりの脂肪はさすがに気になり出しました。

脂肪が気になれば、健康も気になります。

中性脂肪対策に青魚のDHA&EPA

f:id:kazugoro56:20211201190216j:image

脂質をとりすぎると、体脂肪として体に蓄えられ、肥満の一因になります。

中性脂肪値は上がるし、ドロドロによるダメージで動脈硬化を招くなど生活習慣病のリスクもアップします。

健康にはあきらかに悪影響。

健康診断も気になりますよね。

中性脂肪を増やす原因には、糖質のとりすぎもあります。

脂っこい食事に加え、ごはんやパンなどもとりすぎないよう気を付けたいものです。

そこで、中性脂肪対策の力強い味方になるのが青魚の脂に含まれるDHAEPAです。

血中の中性脂肪値を下げる働きを持つことが報告されている、積極的に取り入れたい成分です。

サプリなら、毎日手軽に確実にチャージ可能!

f:id:kazugoro56:20211201190201j:image

DHAEPAは、マグロやイワシ、サバなどに多く含まれます。

とはいえ、魚が食卓に上がる機会が減っている今、こうした魚を毎日食べるのは至難の業。

私も日々の料理作りで魚を扱うことは...あんまりないです...。

さらに厚生労働省が定める1日あたりの基準量を満たすには、マグロの刺身なら14人前以上も必要になり、十分な量を食事で補うこと自体難しいのが現状です。

そこで、サプリの出番!となるのです。

 

サプリなら魚由来のDHAEPAを効率よくとることができます。

約93%の医師が「中性脂防値が高めの方に薦めたい」ようですが、値が高くなる前から予防しておきたいですね。

以上です。